小児矯正・NEO-CAP.SYSTEM

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 子供の受け口が心配…
  • 学校検診で子供が不正咬合と言われた
  • 永久歯が歪んで生えてきているような気がする
  • 最近、子供の前歯がガタガタになってきたような気がする
  • 子供が出っ歯になってきたので心配…

お子様の矯正は当院にお任せください

お子様のうちに矯正治療を始めることは、とても大切です。成長期には歯が生え変わるだけでなく、顎の骨も成長するので、その時期に治療を始めることで顎の骨の成長を正しい方向に誘導して、少ない負担で歯並びや噛み合わせなどを整えたり、本格的な矯正装置を使用した治療が回避できたり、本格的な矯正装置による治療が必要になった場合でも、治療期間を短くしたりすることが可能となります。

正しい歯並びや噛み合わせは、お子様の健全な成長発育を促すとともに、口元や顔立ちに良い影響を与えます。そして、余計なコンプレックスを抱えることなく、心身ともに健康的な生活を送ることができるようになります。もし今、お子様の歯並びや噛み合わせのことでお悩みであれば、一度当院までご相談ください。当院では、最新の小児矯正装置「NEO-CAP.SYSTEM(ネオキャップシステム)」を導入しており、これにより、お子様に少ない負担で効果的な矯正治療を受けて頂くことができるようになります。

お子様の矯正のメリット

お子様の矯正は歯並びや噛み合わせの改善だけでなく、様々なメリットをもたらしてくれます。

虫歯・歯周病が予防できる

歯並びが悪いと歯磨きなどのケアがきちんと行えなくなるため、虫歯や歯周病になりやすくなりますが、矯正治療により歯並びを整えることで、そうしたリスクを回避して病気予防をはかることができるようになります。

脳の働きを活発にする

噛み合わせの改善によってよく噛めるようになり、脳神経が刺激されて脳の働きが活発化します。また、記憶力や集中力もアップすると言われています。

姿勢・呼吸が整う

歯並びの乱れが原因で起こる唇の閉鎖不全や、舌の位置異常で起こる口呼吸が改善されます。また噛み合わせが良くなることで姿勢が正されて、全身的な成長発育にも寄与します。

発音が良くなる

歯並びが良くなることで、唇や舌の動きが改善されて発音機能が向上します。

笑顔が増える

歯並びがきれいに整うことでコンプレックスが解消されて、気持ちが明るくなり、笑顔の多い毎日を送ることができるようになります。

お子様の矯正を開始する時期

子どもの矯正を始める時期はいつがよいですか? という質問をよく受けます。当院ではネオキャップシステムという治療法で6〜8歳ぐらいから開始しておりますので歯並びのご相談はできるだけお早目にして頂くことをおすすめします。早期にご相談頂くことで、適切な時期に矯正治療を開始するための治療計画を立てることができますし、治療方法の選択肢の幅も広がります。

反対に、ご相談頂くタイミングが遅れると、お子様の治療にともなう負担が増してしますことがありますので、少しでも「おかしいな」と思った時には一度ご相談ください。

最新の小児矯正装置「NEO-CAP.SYSTEM®(ネオキャップシステム)」

NEO-CAP.SYSTEM(ネオキャップシステム)とは

「NEO-CAP.SYSTEM(ネオキャップシステム)」とは、「ドイツ式ビムラー」という取り外し式の装置と、「NEO-CAP(ネオキャップ)」という装置を組み合わせて使用することで、顎を広げるだけでなく、噛み合わせを上下・左右・前後など3次元的に動かすことができ、審美的・生理的に安定した位置に持っていくことが可能な矯正システムです。歯は舌、頬、唇などの筋肉のバランスに合わせて並びます。このバランスが良ければ、理想的な位置に自然と並んでいくことになります。

この治療方法を行うことができるのは、ネオキャップシステム臨床研究会で十分な研修を受けた歯科医師が在籍し、IFOCS国際機能矯正臨床研究会の公式認定を受けた歯科医院のみです。現在、大阪でこの治療方法を行っている歯科医院はほとんどありません。当院ではこれまで様々な装置を使ってお子様に矯正治療を提供してきましたが、今のところこのネオキャップシステムが最も良好な結果が得やすく、多くの患者様にご満足頂いています。

NEO-CAP.SYSTEM®(ネオキャップシステム)の治療内容

舌やお口まわりの筋力を活性化

まず、ネオキャップというプラスチック製の矯正装置を、主に乳歯に装着させます。それにより噛み合わせが高くなり、最初はお口が閉じにくくなりますが、唾を飲み込む時にお口を閉じなければいけないので、自然と口唇の筋肉がついてきます。

また、お口の中が広くなりますので、以前よりも舌が動きやすくなり、筋力もついてきます。こうして、舌やお口まわりの筋力を活性化することができるようになります。

就寝中にゆっくりと歯を動かしていきます

次に、ドイツ式ビムラーという取り外し式の装置を夜間に装着します。就寝中の唾を飲み込む時の動きが装置に伝わり、ゆっくりと歯を動かしていきます。このビムラーは、ヨーロッパでは50年以上前から使われている安全な装置です。取り外しが可能で、痛みもほとんどありません。既成のマウスピースを使用する方法もありますが、あくまで既製品なので、お子様お一人おひとりに合ったものではないほか、装着時間が長かったり、痛みが多かったりするものもあります。

ネオキャップシステムは、お子様の歯型を採取して、ネオキャップシステム臨床研究会の技工所のみで作製されます。お一人おひとりにぴったり合った装置が作製されるので、快適に治療を受けることができます。

基本的には就寝中に装着するだけ

ネオキャップシステムは、基本的に就寝中に装着するだけなので、治療中の見た目を心配する必要はありません。また、学校へ持っていって失くす心配はありませんし、バレエやピアノの発表会でも針金が見えることもありません。そして、ネジを回したりする従来の装置と異なり、ご家庭で調整して頂く必要もありません。さらには、長時間使用する煩わしさがないので、お子様が途中で治療を止めてしまう可能性も少なくなります。

1つの装置で上下の歯を治療することができます

ネオキャップシステムは、1つの装置で上下の歯を同時に治療することができます。針金を付けることなく、まわりの目を気にすることなく、毎日の生活に不便がない状態で治療を受けて頂くことができます。

ネオキャップシステムの特徴

  • 基本的には就寝中に装着するだけ
  • 小さなお子様でも少ない痛みでお使い頂ける
  • 抜歯せずに歯並びや噛み合わせを治すことが可能
  • 取り外し式の装置なので虫歯になりにくい(取り外して、きちんと歯を磨くことができる)
  • 治療後の後戻りが少ない
  • 歯と顎を同時に治療することができる
  • 上下顎のバランスを整えることができる
  • 指しゃぶりなどのお口まわりの悪癖を改善することができる
  • 途中でやめても今以上に悪くなることはない
  • ブラケット矯正よりも費用を抑えることができる
  • 自然な歯並びにすることが可能

ネオキャップシステムの開始時期

6~8歳程度が最良の時期です。永久歯が上の前歯で2本、下の前歯で4本生えた時期が良いタイミングです。

ネオキャップシステムの治療期間

ネオキャップシステムの治療期間は約4年です。お子様の矯正は健全な永久歯列を作ることが目的です。歯だけを診るのではなく、舌や口腔周囲筋を含めてトータルに治療していきます。

ネオキャップシステムの注意点

  • 装置をきちんと装着して頂かないと、十分な治療効果が得られない場合があります
  • 歯は、舌や口腔周囲筋に対して生理的に調和した自然な位置に並んでいきますので、ピアノの鍵盤のような精密でまっすぐな歯並びを希望される方には向きません。目指すのは自然な歯並び(個性正常咬合)です
アクセス解析